本文へスキップ

壱分町東自治会の活動を紹介しています。

Mail : ichibu-higashi@ichibu-h.com

自治会の行事・活動

【2022.11.18〜20】第6回壱分町東自治会文化祭を開催しました。

【 あの人、この人、すごい人! Smile for the future! (未来への笑顔)】
〜〜体験コーナー等の催しを復活、ほっこり写真の募集や開館時間の延長など新たな企画も〜〜

坂本自治会長の挨拶と小紫生駒市長様の祝辞で、いよいよ3日間の第6回文化祭が始まりました。
今回は、47名(団体)から出品があり、203点を展示しています。初日は、20:00まで開館、「ほっこりカフェ」コーナも設けました。また、「ほっこり写真大賞」を投票で選ぶ新企画やお茶席や体験コーナの催しを復活しました。


坂本会長の閉会の挨拶で、3日間の文化祭が終わりました。期間中、336名の方々の来場がありました。


【2022.11.05】10:00〜、「令和4年度壱分小学校区総合防災訓練」に参加しました。

やまびこネットワークの主催で行われた今回の防災訓練(会場:壱分小学校体育館)の第1部は「阪神淡路大震災から学ぶ」と題して、北淡震災記念公園の米山正幸氏による講演がありました。第2部では、ワークショップで、「令和3年度生駒市総合防災訓練(避難所開設訓練)のまとめと課題」(資料)に基づいて報告がありました。
今回は、壱分町東自治会から30名が参加、全体の参加者は115名でした。


【2022.10.23】15:30〜、オサキ公園の草刈りと防災用発電機の動作確認を行いました。

本部役員と組長の皆さん34名が参集、紅葉と落ち葉の公園の草刈りを行いました。
終了後、非常用発電機の動作確認を兼ねて、皆さんに操作手順を体験してもらいました。


【2022.10.15】第6回自治会文化祭の「展示・催しのご案内」を掲載しました。


【2022.9.29】第6回自治会文化祭の「作品募集要項」を掲載しました。


【2022.9.15】第6回自治会文化祭の「作品募集案内」を掲載しました。


【2022.9.14】2階和室の改修工事が終わり、「2Fホール」に生まれ変わりました。

畳敷き和室の襖を取り払い、廊下を取り込んでひとまわり広いホールに生まれ変わりました。床はフローリングマットの優しい仕上がりで、彩光も改善されました。1Fホールとあわせて、いろいろな活動にご利用ください。

机・椅子なども整備しました。

【2022.9.01】第6回壱分町東自治会文化祭の案内


【2022.8.20】3年ぶりの「ふれあい祭り(盆踊り)」を開催しました。(速報)

刻々の雨雲情報が心配される中、実行委員会の判断はGO。往馬大社境内で3年ぶりの「ふれあい祭り(盆踊り)」を開催しました。子どもたちがビンゴゲームで盛り上がったあと、心配された小雨にも打ち勝って、全曲踊り切りました。新調した大太鼓のリズムに乗っての「いちぶ音頭」や新しい河内音頭の曲、また舞台の上での踊りも見ていただく趣向も取り入れました。(蛇足:片づけは雨のなかでした。)
末尾に、「動画」もあります。

動画もお楽しみください。


【2022.8.13】ふれあい祭りの櫓舞台の準備


【2022.8.01】ふれあい祭りのご案内とポスター

コロナの感染が第7波の拡大を見せておりますので、8/7に開催の最終判断をします。開催に変更があれば、このHPや街頭掲示板等でお知らせします。
なお、ふれあい祭り当日の天気による催行判断は、15時に行います。


【2022.7.17】8:00〜10:00、オサキ公園の草刈り清掃を行いました。

戻り梅雨の晴れ間となった本日、延期になっていたオサキ公園の草刈りをしました。1週間経つとこんなに伸びるのかと驚きながら、参加者36名の協力で綺麗によみがえりました。学校は夏休みに入り、子ども会主催「朝のラジオ体操」の元気な声が響くことでしょう。


【2022.8.20】ふれあい祭り(盆踊り)のご案内


【2022.7.02】13:30〜14:30、令和4年度の土曜セミナー「うたくらぶ」を開催しました。

コロナ感染拡大で延期しておりました声楽とピアノの「うたくらぶ」を開催しました。
梅雨明けて連日38℃の猛暑のなか、暑さを吹き飛ばす歌声を聴きたいと、多くの方々(36名)が参集されました。
歌が始まり、一曲一曲の迫力に会場は一変。その歌声に魅了。「感動した」との感想を沢山いただきました。

Movie現在、演奏曲目の動画3)4)5)の掲示を休止しています。 1) 2) 3) 4) 5)


【2022.6.05】8:00〜10:00、町内一斉清掃を行いました。

梅雨間近の日曜日、朝から作業には幸いの天気模様でした。今年も多くの方の参加で、町内が生まれ変わりました。お疲れさまでした。なお、参加者は997名でした。


【2022.5.03】9:00〜12:00、第40回南地区大運動会が開催されました

予定していた4/29は雨のため、5/3に延期されていました。
この日はさわやかな晴天、グラウンドのコンディションもよく、最適の運動会日和となって、自治会からは、55名の参加でした。なお、当日の全参加者は690名とのこと。
コロナ対策もあり、種目も切り詰めての開催でしたが、和やかにすすめられ選手の健闘ぶりには拍手の声援が送られていました。
自治会対抗のリレーには、壱分町東からは2チームが出場し、1・2位の力走を披露しました。

プログラムポスター


【2022.4.17】14:00〜、令和4年度壱分町東自治会総会を開催しました。

コロナ対策に万全を期し、規模・形態を縮小して、令和4年度の総会を開催しました。
昨年度末の前組長各位の令和3年度事業に対する了承に加えて、新しい組長各位の出席のもとで、議事が進められ、令和3年度の事業及び決算報告、新役員の承認、自治会会則の改正、令和4年度事業及び予算案について、全ての議案が承認されました。
総会終了後、新組長さんには、自治会活動の様々な事務内容や留意点を説明して、今年度の活動をスタートさせました。

総会資料抜粋

(令和3年度の事業報告・自治会会則の改正・令和4年度事業計画)PDF


【2022.03.19】「伊勢市防災センター」おいて、防災研修しました。

壱分町東自主防災会は、県外施設での防災研修を行いました。25名(子ども3人含む)の参加でした。

伊勢市防災センター(伊勢市消防本部)
防災体験学習室での研修を終えて


・朝7:30 バスで壱分を出発、10:30過ぎに「伊勢市防災センター」に到着。
・担当の方の軽妙な説明に引き込まれながら、非常事態に備える心構えを勉強・体験しました。
・昼食後は、伊勢神宮参拝・おかげ横丁散策の自由時間を過ごした後、帰路につきました。
・帰りは、(事故渋滞でコースを急遽変更)名阪経由で、予定時刻17:30に壱分に到着、解散しました。
詳細は、「防災活動」のページに掲載しています。


@はしご車の整備訓練を見学

A動画の案内に習って体験

B驚異!
 津波の破壊力

C煙は怖い!
停電下の注意点

D煙と停電下の避難を体験

【2022.01.15】土曜セミナーの開催を延期

令和4年2月5日(土)に予定していました「土曜セミナー」を延期します。


【2021.12.15】令和3年度土曜セミナーの開催案内

令和4年2月5日(土)13:30〜、
ソプラノとピアノ演奏の「うたくらぶ」で楽しいひとときを!!

今回は土曜日の開催になります。コロナ感染対策のもとで、開催することとしました。
ご参加の皆様のコロナ感染対策および過密対策へのご協力をお願いします。

※都合により、「ピアノソロ」は中止します。

【2021.11.27・28】10:00〜16:00、第5回壱分町東自治会文化祭を開催

2日間の来館者は、205名、今回は子どもの出品も多く、家族連れが目立ちました。

コロナの感染拡大で開催が危ぶまれましたが、開催時期には幸い市内の感染数0が続き、万全の対策をとりつつ、無事終了することが出来ました。詳細は、特設ページで。


【2021.11.14】8:30〜、生駒市総合防災訓練に参加

壱分小学校避難所への参加者は、217名(壱分東・さつき台・さつき台南、翠光台)

@8:30の地震発生(生駒市より緊急速報メール)をうけて訓練が開始されました。
A避難行動(シェイクアウト)訓練のあと、近隣の集合場所で安全を確認し壱分小学校避難所に移動。
B一方、壱分小学校では避難所開設の下準備が行われていました。
C自治会毎の訓練手順に従って、様々な避難所での対応を体験しました。

○避難所生活についての注意事項 ○防災グッズ展示コーナー ○各種パーティションの設置
○簡易ベッドの組み立て ○更衣テントの組み立て ○発電機・冷風機始動体験

(左)訓練概要と
(右)壱分小避難所生活における注意事項

【2021.10.24】15:30〜、オサキ公園の草刈り

参加者は、これまで最高の41名

秋の佇まいの広い公園も、すっかり綺麗になりました。
終了後、辺りは少し夕暮れを感じさせるなか、防災用発電機の始動訓練を行い、LED灯がまぶしく点灯しました。


【2021.10.15】令和3年度の第5回自治会文化祭の開催案内 11/27〜28

開催案内と作品募集

11.27(土)〜28(日) の2日間、自治会主催「第5回文化祭」を開催します。ようやくコロナ感染拡大も下火になり、感染防止対策のもとでの社会活動の復活が話題になっています。自治会でも、活動の一歩として「展示・観覧型」の文化祭を復活することになりました。


【2021.10.15】自治会ホームページをリニューアルしました。

R3.10.15から、新デザインに全面改訂、スマホ画面にも対応


【2021.9.15】令和3年度生駒市総合防災訓練(11/14)の概要

概要と参加申し込み

令和3.11.14(日)8:30〜12:00、令和3年度生駒市総合防災訓練(各自宅で・各組で・避難所壱分小学校で)が実施されます。



【2021.9.15】自治会掲示板をオサキ公園に新設しました。


【2021.7.16〜8.15】自治会館をリフォームしました。

自治会館では、開館以来初めて全面的に改修工事をしました。これまで、2階大和室の増築(かなり昔)や耐震改修(H25)、またバリヤフリー化(H27)などがあったものの、経年の劣化が見られることから今回のリフォーム工事となりました。

@1階大ホール

A2階小和室

B玄関フロアー・階段・下足箱

C事務室


【2021.7.11】8:00〜、自治会組長・本部役員でオサキ公園の草刈りをしました。

梅雨前線による雨続きで、この日も実施が心配されましたが、朝の曇り空から陽の差す天気にかわり、伸びきった公園の草刈りにはちょうどよい日でした。
組長・本部役員36人が参加しました。自治会では、こうした行事の催行速報をホームページで周知していますのでご活用ください。


画像をクリックすると拡大します。

【2021.6.6】18:00〜、町内一斉清掃を実施しました。

家族総出の参加もあり、1043人(694世帯)の多数の協力を得ました。因みに、昨年度10月は、1018人、610世帯でした。
梅雨の合間の曇り空でしたが、反って作業が捗り、雑草の生い茂った道もすっかり綺麗になりました。
この日、市内各地の自治会でも清掃活動が行われた模様です。実施されます。


【2021.5.15】令和3.6.1(土)8:00〜、町内一斉清掃を計画しています。

コロナ禍の折、作業において感染対策に留意してご参加ください。
雨天等にかかわっての実施の有無は、7時に判断し各組長あて連絡いたします。また、このホームページでも速報します。


【2021.9.15】コロナ感染対策

令和3.5.8、手をかざすと自動で消毒用アルコールが噴射し、体温測定ができる「温度はかるちゃん」を自治会館エントランスに設置しました。


【2021.4.11】14:00〜、令和3年度壱分町東自治会総会を開催しました。

コロナ第4波の感染者急増が伝わるなか、今年もコロナ対策にも万全を期し、規模・形態を縮小して行いました。検温・アルコール消毒は勿論、会場の換気にも万全を期しました。また、座席間隔も広げ、透明アクリルパネルの仕切りを準備しました。

昨年度末の前組長各位の年度事業に対する了承に加えて、新しい組長各位の出席のもとで、全ての議案が承認されました。総会終了後、新組長さんに、自治会活動の様々な事務内容や留意点を説明して、今年度の活動をスタートさせました。

総会資料

(令和2年度の事業報告・令和3年度事業計画)PDF


【2021.3.7】生駒市主催大和川一斉清掃に参加

自治会からは、39名の方が参加しました。


【2021.2.15】組長会議で新しい太鼓のお披露目をしました。

月例の組長会議で、新しい大太鼓のお披露目をしました。
会議の冒頭、会長から、一般財団法人 自治総合センターの「地域コミュニティー助成事業助成」をうけて購入したことや、夏の「ふれあい祭り(盆踊り)」など地域のコミュニティーづくりに生かしていきたいと経緯の紹介がありました。
会議に親子で参加していた女の子も初打ちにチャレンジ、太鼓の大きな響きに驚いていました。

動画

【2021.2.6】新しい太鼓が納入されました。

太鼓の形状は、欅の長胴太鼓で、寸法は口径2尺(約60cm)。四本足台付きです。


【2020.12.28】「地域コミュニティー助成事業助成」の補助金交付が決定しました。

「地域コミュニティー助成事業助成 200万円が決定」

●この「地域コミュニティー助成事業助成」(一般財団法人 自治総合センターLINK )とは:
「自治総合センター」の宝くじの社会貢献広報事業の一つとして、コミュニティ活動に必要な備品や集会施設の整備、安全な地域づくりと共生のまちづくり、地域文化への支援や地域の国際化の推進及び活力ある地域づくり等に対して助成を行う事業で、(1)一般コミュニティ助成事業 (2)コミュニティセンター助成事業 (3)地域防災組織育成助成事業(4)青少年健全育成助成事業 (5)地域づくり助成事業 (7)地域国際化推進助成事業 があります。

●壱分町東自治会では、老朽化の進んだ大太鼓の更新を検討していました。
壱分町には、100年以前から地域をあげて続けられてきた夏の行事「盆おどり」があります。
地域特有の節回しをする「いちぶ音頭」も、夏の一夜の楽しみを盛り上げていました。時代・社会の流れのなかで、地域コミュニティー活動の低迷期もありましたが、現在は、壱分東・壱分西自治会共催事業「ふれあいまつり」として、多くの参加者を得るようになり、「いちぶ音頭」の継承にも努めてきました。 ただ、ふれあい祭り(盆踊り)で使用している大太鼓が70年経過のなかで老朽化し、「新調か、修理か?」が喫緊の課題でした。

●今回の「令和2年度の追加募集」の「(1)一般コミュニティ助成事業」の部門に、大太鼓の購入を申請したところ、全国多くの申請の中から、壱分町東自治会の企画が選ばれ、整備に必要な200万円の補助金の交付が決まりました。 新調した「大太鼓」を核に、地域に根付いている夏祭り「ふれあいまつり」の発展的継続と、子ども会・老人会(壱寿会)との交流の活性化、近隣自治会との交流をさらに活性化していきたいと考えています。

バナースペース

生駒市壱分町東自治会

mail

お問い合わせ・ご意見は ホームページ担当までメールでお寄せ下さい。

hiro